確認しておきたい脱毛エステのトラブル

確認しておきたい脱毛エステのトラブル

料金面や勧誘のトラブル

昨年の話ですが脱毛サロン大手のエターナルラビリンスが業務停止命令を受けました。

なぜ業務停止になったかについてご説明させて頂きます。エターナルラビリンス(以下エタラビ)は広告などで月額9,500円で脱毛できると掲載されていたのですが実際には月額9,500円ではなく正確には17万円以上する脱毛のプランを月数で割った金額が9,500円ということになっていたのです。

こうした誤解を生む広告を出していたことも、もちろんなのですが断ろうとしたら勧誘がきつくその場で契約をさせられてしまったり、契約後に解約できないというトラブルが多数ありました。

それに加えてスタッフ、脱毛機器が足りないのにも関わらず新規契約者を増やしたことで利用者が予約が取れないという自体にも陥りました。

業務停止となるのは当たり前のことと言えるでしょう。ちなみに月額表記をしているのに実際は月額ではないという脱毛サロンは今でも残念ながらあります。

実際には詳しく広告やホームページを見るとそういったことは書かれているのですが新規客がカウンセリングを申し込んでくれるようにお得感を強調しているサロンはあります。

脱毛サロンでの勧誘トラブル

勧誘はないと大手のサロンではほとんど書かれていますし昔のエステのような勧誘はありませんが脱毛に通い始めてからも他のプランなどを勧めたりしてくるサロンもあったりするのは事実です。

人によって感じ方はそれぞれですが軽い勧誘でも絶対にいやという方にとってはそういう勧誘行為は本当にイヤな気分になるかと思います。

勧誘のタイミングは2つあり初めてサロンに行ったときのカウンセリング時と通い始めてからの勧誘です。

後者の場合は脱毛以外のコースがあるサロンや現時点で特定部位のみ脱毛をしてる場合になります。

脱毛以外のものを勧めてくるようなサロンがイヤな場合は最初から脱毛のみ行っているサロンを選ぶようにすれば大丈夫です。脱毛で他のコースを勧めてくる場合ははっきり拒否しましょう。

ちなみに過去にTBCやジェイエステは勧誘がひどくその結果数年前に行政指導が入りました。現在ではそういった口コミは減ってきています。

それでも口コミとして勧誘されたという声はどこのサロンでも聞かれる場合がありますが人によって感じ方は違うのですがちゃんと断れば問題はありません。

どうしても勧誘が不安だと言う場合はミュゼプラチナムは勧誘はなし、あっても本当にこういうのもあるんですよと言われるくらいで本当にやんわりとしたものなのでおすすめです。

勧誘がきついと言われるサロンの背景にはエステティシャンのノルマというものがありますがミュゼにはそういうのが全くないのでコースの紹介とかはしますがユーザーはいらないと言えばそれ以上特に勧めてくることもしません。

また医療脱毛であれば勧誘はありません。医師がカウンセリングをするためエステのような勧誘はありませんしこちらの希望を聞いてプランを提案してくれる程度です。

本当に勧誘が苦手というなら脱毛サロンではなく病院で医療レーザー脱毛を受けるようにして頂きたいと思います。

また脱毛サロンで他のプランを勧められたら「お金がないから」という断り方はやめたほうが良いです。その場合ローン契約などの話をしてくるのでその部位は脱毛する気はない、興味ないと答えましょう。しつこい場合は他のサロンに行くと言っても良いでしょう。
望んでない契約をした場合はすぐにクーリングオフをすることをお勧めします。

肌荒れや後遺症のトラブル

消費者庁などを見ると脱毛エステ、医療脱毛によって肌にトラブルが発生した、やけどをしたというような報告があげられています。
脱毛は肌に直接光やレーザーを当てるものです。万が一施術者が不慣れだった場合などはこういったリスクがあることを覚えて置く必要があります。

ちなみにサロンとクリニックではサロンのほうが多少こういった報告は多いです。

もちろん各サロン、クリニックもこういったことが起こらないように細心の注意は払っているのでしょうが人がやることなので年間で見ればこういったトラブルは発生していることは覚えておいたほうが良いでしょう。

確率から見れば本当にこういったケースは微々たるものですがあなたが脱毛をするときにこういったケースが起こらないとは限りません。

ではどうやってそのようなケースをできるだけ未然に防ぐことができるかと言えば最初ならそういった説明をしてくれるサロン、クリニック。

そしてもしそういった場合のときにきちんと保証をすることを契約時に明記してくれるサロン・クリニック。

この点を確認しましょう。こういった保証を約束してるサロンやクリニックはそういったトラブルに対しての意識が高いところです。
また万が一の時は治療費やその後の施術など余計な負担がでないように対応してくれます。ただサロンは病院ではないので治療が必要な時などは対応が後手になる可能性があります。

本当に安全性で選ぶのであれば医療脱毛のほうが優位と言えます。本来であれば出力の弱い脱毛サロンのほうがトラブル件数は低いはずですが報告件数は脱毛サロンのほうが多いという事実があります。

ただ件数は少なく一部の悪質なサロンがあるという可能性も否定はできませんがリスクなどがあることをちゃんと最初に教えてくれるところが良心的であると言えます。

トラブルが起きたときのエステの対応は?

エステで脱毛したときにやけどをしてしまったという場合エステはどのような対応を行うのでしょうか?

大手サロンの対応はほとんど同じで提携の皮膚科への紹介と治療費負担などを説明していますが、サロン側としてはあまり表立って言いたくないことなのか、また店舗によって対応に差があるということなので不安な方は通う予定の店舗で一度確認をしてみるようにしてほしいと思います。

まとめ

脱毛時のトラブルについてご紹介しました。脱毛に対して不安な気持ちを持たれた方もいるかもしれませんが今回紹介したことは事実ではあります。

ですが100%ということは言えませんが安心して通えるサロン・クリニックは確かにありますので悪質、評価のよくないサロン・クリニックは避けるようにして頂きたいと思います。

脱毛基礎知識カテゴリの最新記事