光脱毛は水ぶくれなどの肌トラブルはあるのか?

光脱毛は水ぶくれなどの肌トラブルはあるのか?

通常の肌コンディションで水ぶくれなどのトラブルは起こりにくい

通常の健康な肌の状態であれば水ぶくれという最悪な状態になるということはなかなか起こりにくいことです。光脱毛というのはもちろん脱毛するわけで肌にダメージを与えてしまうものですがレーザー脱毛に比べても出力が弱く痛み自体も少ないものです。

通常のお肌の状態であれば多少の火照りが出たりするくらいで水ぶくれなどの激しい反応が出ることはほとんどありません。ですが肌の状態が悪い場合この光脱毛の刺激で炎症、火傷、あるいは水ぶくれという反応を起こすときがあります。

目に見えて肌の状態が悪い場合はサロン・クリニックでも脱毛施術を止められるのですが例えば肌の状態に限らず服薬していたり肌になにか塗り薬を塗っていてそれを申告しないまま脱毛したりすると最悪こういうった現象を引き起こすことがあります。

過去の事例では健康な肌でも悪質なサロン側が決められている以上の強さで脱毛施術をして利用者が火傷してしまうというケースもありました。

本当に確率から見れば少数なのですがどんな状態でもゼロではありませんので脱毛時は普段よりも肌コンディションを整えましょう

光脱毛を受ける前に

もちろん光脱毛を受けるまえにテスト照射をします。アレルギーなどがある人はこの段階でわかります。もしアレルギー反応が出てしまったら光脱毛やレーザー脱毛で脱毛を行うことはどうしても難しくなりますので別の脱毛方法を考えましょう。

まず考えられないことですがサロンでテスト照射を行わないサロンがあったらそこで脱毛はしないほうが良いです。正直信頼することはできません。

また本当に心配な人は病院で受けられる医療脱毛のほうがトラブル時にすぐに対応してもらえますのでそちらを選択するべきでしょう。

美肌のためにも肌コンディションを整えよう

脱毛を受ける時は肌コンディションは整えるべきとお伝えしていますがこれは脱毛関係なく美肌を保つうえでも大切なことです。

気をつけるべきは保湿、ストレスを貯めないということです。保湿は保湿クリームなどをこまめに使うようにしましょう。

入浴・シャワー後はもちろんのこと乾燥しやすい冬などはこまめな保湿を心がけましょう。

またストレスを感じたらゆったりできる時間を作れるようにしましょう。そんな時間作るのが無理というかたは5分でもいいので頭を空っぽにして深呼吸してみてはいかがでしょうか?

光脱毛でもレーザー脱毛でも絶対はありません

光脱毛でもレーザー脱毛でも肌に負担をかけるこういですから水ぶくれなどの現象が起こらないとは100%に言うことはできません。そのために事前の確認などをするわけですので脱毛前の確認事項で虚偽の深刻をしたりするのは絶対にやめましょう。

また脱毛前後の肌のコンディションを整えることにも注力するようにしましょう。ある程度の努力でそのリスクは軽減できます。

またトラブルを回避するためにも口コミ情報を調べてみたり複数のサロン・クリニックで話を聞いてみるのも良いと思います。

少しでもフィーリングが合わないように思ったらやめて他のサロン・クリニックを選ぶべきです。

まとめ

光脱毛で水ぶくれなどのトラブルはあるのかについてご紹介しました。これは絶対にないとは言い切れませんがサロン選びは施術を受けるときの肌の状態や禁止事項をきちんと守ればほとんどは回避可能なことです。

また人よりも肌が敏感であったりする方はサロンではなく医療脱毛のほうがもしもの時を考えて良いかもしれません。

光脱毛カテゴリの最新記事