ほくろに毛抜いたらガンになる可能性も…。気になる場合はレーザー治療を!

ほくろに毛抜いたらガンになる可能性も…。気になる場合はレーザー治療を!

医師も言及 ほくろ毛を抜くのは危険

ほくろの毛は抜くと皮膚がんになるリスクがある

ほくろは刺激しないほうが無難です

あなたはほくろの毛を抜いたことがありますか?ちなみに私はほくろの毛気になって抜いたこと何度もありますし、友人の首辺りにほくろ毛があり勝手に抜いたこともあります。

ですが、ほくろの毛を安易に抜くのは絶対にやめてください。結論から先にお伝えすると、ほくろの毛を抜くと皮膚がんになるリスクがあります。もちろんその確率というのは相当に低いものですがエビデンスがある事実です。

実際にシロエクリニック池袋院院長の寺井 美佐栄氏が「ほくろ毛を抜くと皮膚がんに繋がる危険性がある」と言った言及をされています。

なぜホクロに毛が生えるのか?抜いてもいいのか?医師に聞いた(教えて!goo ウォッチ) – goo ニュース

ホクロに毛が生えているのを見ると、なんとなく気になり抜いてしまいたいという衝動に駆られることはないだろうか。しかし一方で、ホクロの毛は抜いてはいけないという噂を…

ほくろ毛を抜くと皮膚がんになるメカニズムはこの通りです。

  • ほくろはそもそも皮膚にできる良性腫瘍
  • ほくろ毛を抜くことでほくろを刺激
  • その結果、良性腫瘍が悪性へと変化する

このような流れです。またほくろ毛は通常生えてくるムダ毛に比べて太くて長い毛が生えてきます。

抜いてしまうと皮膚を傷付けてしまい、皮膚がんにならないまでも「毛嚢炎」などの皮膚トラブルの原因にもなりかねません。

ですから、ほくろ毛を抜くという行為は私達が思っている以上に慎重になるべきだと感じています。

ほくろ毛の対処方法としては伸びてきた毛はハサミなどでカットするのが一番手軽にできる対処方法となります。

ほくろ毛を抜くくらいでガンに?そんなふうに思いがちなのですが医師の立場からこういった意見があると気をつけようという意識になりますね。

毛が生えているほくろは安全です

現在毛が生えているほくろは問題なし

『前に私、ほくろ毛を抜いたことがある!』

そういった人は非常に多いのではないかと推察します。これは後にも述べさせて頂きますがとにかく人目に付きやすいムダ毛なんですよね。

ですから過去にほくろ毛を抜いたことでもしかして皮膚がんになってないかと先ほどのお話を聞いて不安に感じた人もいるかもしれません。

しかし今現在もそのほくろから毛が生えている場合はガンではありません。がんになるとほくろの毛穴自体は壊れてしまいます。

すると毛が生えてこなくなります。ですから現在ほくろから毛が生えている状態であれば心配する必要はないということです。

心配はしなくてもいいですがやっぱりほくろから生えている毛は個人的な主観では気持ち悪くなんとか処理したいという気持ちに駆られてしまいます。

どうしてほくろの毛は太くて長いの?

ほくろはメラニンが活性化している

多くの方も感じているのではないかと考えていますが、なぜかほくろの毛って太くて立派な毛が多い気がしませんか?

これはきちんと理由があります。

ほくろのある場所は他の皮膚に比べてメラニンの生成が活性化されている場所です。毛髪が黒くなったりするのはこのメラニンが影響しています。

メラニンの生成が活性化している皮膚から生える毛は他と比べて太く長く黒々しいものになる傾向にあるようです。

その部分を意図的に起こして薄毛に悩む男性に貢献して頂きたいと個人的には愚考しますね。

ほくろ毛はハサミでカットするのがもっとも安全で今すぐにでもご自身でできる処理方法とお伝えしました。

ですがそれでもほくろの部位によっては目立ってしまい、それがコンプレックスに感じると言う方もいらっしゃるでしょう。ですのでその根本的な解決方法をご紹介します。

ほくろの毛が気になる場合はほくろごと取ってしまおう!

どうしても気になる場合はとってしまいましょう

どうしてもほくろの毛が気になるという方はほくろそのものを取ってしまいましょう。

ほくろの位置がかわることで運気が変わるのではないかといった人にはおすすめはできませんが単純にほくろから生えてくる毛が気になる。見た目が悪いからどうにかしたい!

そんな人ほくろごと取ってしまうのが一番です。

ほくろ除去って結構費用がかかるのでは?と心配されるかもしれませんが言うほど高くありません。

ほくろ除去はクリニックやほくろの形状などで除去方法がことなります。方法としては「炭酸ガスレーザー」「電気メス」の2つです。

どちらの方法も1度の施術でほくろを除去することができます。ほくろの大きさによって費用が代わり1mm以下のほくろなら5,000円、2mm以下なら10,000円くらいが一般的な費用相場です。

クーポンなどを利用して1,000円程度でほくろを除去したといった個人ブログなども見かけたことがあります。ちなみに手術費とは別に軟膏などのお薬代はかかりますがそちらは1,000円以下のケースがほとんどです。

費用面ではまったく手が出せないほど高いという値段帯ではありません。ちなみに手術の際は麻酔は行わないケースのほうが多いです。希望があれば表面麻酔などを行いますが激痛というほどでありません。

ほくろ除去後は2~3ヶ月するとほくろの除去跡は、ほとんど目立たなくなります

ちなみに脱毛サロンや医療脱毛ではほくろ部分への脱毛は基本的には行うことはできません。脱毛サロンではほくろ部分への脱毛が可能な脱毛マシーンなども登場しています。SHR脱毛、ハイパースキン脱毛と呼ばれるものです。またクリニックなどで施術可能なニードル脱毛という方法もあります。

もしほくろは除去したくないけど毛は抜きたいという場合はそういった方法も検討してみても良いかもしれません。

これは個人的に思うことですが、ほくろは刺激することでガンになるというお話でした。ですのでほくろへの脱毛行為自体、私は危険なのではないかと感じます。

このあたりは医療的な問題になるので不安な方は、信頼できる医師に確認をしてください。脱毛するくらいならほくろごと除去してしまったほうがいいのではというのは私自身の最終的な結論になります。

ほくろ毛を抜くとがんになる?のまとめ

今回はほくろ毛を抜くとがんになるって本当?というお話をさせて頂きました。これは噂などではなく医師も言及する可能性のある事実だとわかりました。

みなさんもほくろ毛は抜かないように注意をしましょう!